インターネット 開通 最短 明日から

ネット接続を自分でやって大変だった思い出

20代前半の頃、ちょうどインターネットが普及し始めてきた頃で、一人暮らしをしていた私もインターネットを使いたいなと思うようになりました。

 

値段を調べて申し込みをして、インターネットがつなげる環境にしたのですが、パソコンもその時に購入したために、ネットにつながるまで試行錯誤でした。

 

私は機械に弱い文系の女子だったので、どうしたら良いのかわからなかったのですが、インターネットのモデムのところには電話番号が記載されていて、わからないことがあったら問い合わせる窓口の連絡先も載せられています。

 

私の場合はそこに電話をして、一からやり方を教えてもらいました。

 

パソコンの設定はパソコンに書かれている連絡先の問い合わせ窓口で教わりましたし、そういったところを活用しました。

 

サポートをしっかりするというのが売りになっているところだったので、オペレーターの人も私の一からの質問に答えるのは大変だったと思いますが、嫌な顔をすることもなく長々と説明に付き合ってくれました。

 

携帯で電話をかけながらこうしてください、次はこうしてくださいという適切な指示をしてやってもらえたので、インターネットはその電話のおかげで開通することができました。

 

そして便利にネットを見て調べ物をしたり、メールをして連絡を取ったりできる環境が整いました。

 

引越し先でネットに詳しくないものがつなげるのはなかなか難しい部分もあるのですが、サポートセンターの力を借りたら、私のような苦手なものでも短時間でつなげることができました。

 

それからも調子が悪くなればサポートセンターに頼るという他力本願さですが、うまくネットを利用できているので、私はこの方法で利用していきたいと思います。